top


Koji Nagahata
Profile
  永幡 幸司  博士(芸術工学)

        福島大学理工学群共生システム理工学類
        准教授

News

News
久々に福島サウンドスケープを更新しました.更新内容は,まちなか広場のワインイベントの様子新浜公園の様子信夫山公園で子供たちが遊ぶ様子信夫山の仮置場の様子です. (2017/9/24)
8月27日から30日まで香港にて開催されるinter-noise 2017(国際騒音制御工学会議)において,"A pilot study on acceptable sound levels for road traffic noise in urban parks"と題する発表を行います. (2017/8/21)
8月の毎週火曜日の朝,ラジオ福島の「朝から全開!」という番組内の「全開朝ゼミ」というコーナー(8:20〜)に永幡が出演します.今月は5回の放送中の1回に,永幡研所属の4年生柿沼廉太郎も登場し,音響式信号機の話をします. (2017/7/26)
せんだい環境学習館 たまきさんサロンでは,7月21日から8月24日まで,カジカガエル,カッコウ,オオヨシキリ,…,の鳴く音風景をハイレゾ録音で聞けるコーナーを開設します。ここで聞ける音のうち,仙台市内で録音されたものは,永幡が録音を担当しています.これらの音は,仙台市生物多様性保全推進事業の一環として録音したもので,その一部は現在ネット配信中です.会場には,仙台市のこの事業の担当者さんが作成した,解説ミニ絵本が置かれる予定ですが,とても素晴らしい仕上がりです.ぜひ,会場まで足をお運びください. (2017/7/18)
日本音響学会誌73巻4号に,永幡が執筆した『避難生活における音の問題:-大規模災害時の避難所と応急仮設住宅の音環境改善に向けて-』と題する解説が掲載されました.この記事では,永幡研のこれまでの研究をベースに,避難所と仮設住宅の音環境の問題について解説しています. (2017/4/5)

3.11 Earthquake

東日本大震災を受けて
サウンドスケープ
福島サウンドスケープ … 震災後の福島のサウンドスケープの変化の記録
A WINDOW ON FUKUSHIMA2017年7月29日 福島大学にて公開試聴会開催
避難生活支援関連情報 (新潟県中越地震の際の避難生活に関する研究成果を基に)
被災児童による避難生活中の出来事の評価をめぐって … 支援活動開始前にご一読いただけると幸いです.
災害時の避難生活における音環境の問題について … 避難所,仮設住宅の生活環境改善にむけて
原発事故関連
福島大学の原発事故対応をめぐる諸文章
福島県の原発事故対応をめぐる諸文章

Research

研究について
研究分野
サウンドスケープ
騒音
最近の主要研究テーマ 研究室紹介ポスター(縮小版)も併せてご覧ください.)
音環境政策・騒音政策 音環境のバリアフリー
災害時の避難生活における音環境の問題 原発事故後の福島のサウンドスケープの変化
音環境コミュニケーション 騒音問題史
音の共同体 拡声器騒音問題 (選挙カーの問題を含む)
音環境の評価  
研究業績
執筆文献一覧

Social

社会活動
環境に関する委員会
仙台市環境審議会委員 (元)福島市環境審議会委員
(元)仙台市環境影響評価審査会委員
環境教育
ふくしまエコ探検隊講師 福島市環境モニター講師
交通安全
福島県道路交通環境安全推進連絡会議・アドバイザー 福島県道路環境整備技術調査委員会委員
ボランティア
福島大学学生震災ボランティア



lecture

講義情報
サウンドスケープ (前期:火曜2限)
感性工学 (後期:木曜5限)
実習の素材ページ (学内限定)


Misc

Misc.
雑文書庫
My Favorite ...
金谷川サウンドスケープ
バリアフル宮城野原
Koji Nagahata's web page (英語版web page)


Links
学会関係
共同研究者

Address

連絡先

郵便: 〒960-1296
 福島市金谷川1 福島大学共生システム理工学類
E-mail: nagahata@sss.fukushima-u.ac.jp
居場所: 経済経営学類棟822 (8階)