top


Koji Nagahata
Profile
  永幡 幸司  博士(芸術工学)

        福島大学理工学群共生システム理工学類
        准教授

News

News
金谷川駅近くの放射性汚染物質の一時保管場では,保管されていた汚染物質の搬出作業が行われていました.その様子を福島サウンドスケープに掲載しました. (2017/11/14)
信夫山新浜公園の木々がだんだん色づいてきました.そんな季節のサウンドスケープを福島サウンドスケープに掲載しました.あわせて,信夫山麓の仮置場の様子も掲載しています. (2017/10/26)
10月18日の12:00から,都市計画研究室(指導教員:川崎興太先生)と環境計画研究室(指導教員:後藤忍先生)とサウンドスケープ研究室(指導教員:永幡)の3研究室合同で,卒業研究中間発表会を開催します.今年度の永幡研(サウンドスケープ研究室)の発表は,最後の予定です.皆さん,ぜひお越しください. (2017/10/16)
仙台市が生物多様性保全推進事業の一環として行っている生きものが奏でる音風景のネット配信に,鳴く虫たちがいる音風景が加わりました.これらの音は,永幡が録音を担当しております.仙台の秋の虫が奏でる音風景をお楽しみください.全ての音源は,バイノーラル録音をしておりますので,ヘッドホンで聞くことをお勧めします. (2017/10/11)
日本音響学会誌73巻4号に,永幡が執筆した『避難生活における音の問題:-大規模災害時の避難所と応急仮設住宅の音環境改善に向けて-』と題する解説が掲載されました.この記事では,永幡研のこれまでの研究をベースに,避難所と仮設住宅の音環境の問題について解説しています. (2017/4/5)

3.11 Earthquake

東日本大震災を受けて
サウンドスケープ
福島サウンドスケープ … 震災後の福島のサウンドスケープの変化の記録
A WINDOW ON FUKUSHIMA2017年7月29日 福島大学にて公開試聴会開催
避難生活支援関連情報 (新潟県中越地震の際の避難生活に関する研究成果を基に)
被災児童による避難生活中の出来事の評価をめぐって … 支援活動開始前にご一読いただけると幸いです.
災害時の避難生活における音環境の問題について … 避難所,仮設住宅の生活環境改善にむけて
原発事故関連
福島大学の原発事故対応をめぐる諸文章
福島県の原発事故対応をめぐる諸文章

Research

研究について
研究分野
サウンドスケープ
騒音
最近の主要研究テーマ 研究室紹介ポスター(縮小版)も併せてご覧ください.)
音環境政策・騒音政策 音環境のバリアフリー
災害時の避難生活における音環境の問題 原発事故後の福島のサウンドスケープの変化
音環境コミュニケーション 騒音問題史
音の共同体 拡声器騒音問題 (選挙カーの問題を含む)
音環境の評価  
研究業績
執筆文献一覧

Social

社会活動
環境に関する委員会
仙台市環境審議会委員 (元)福島市環境審議会委員
(元)仙台市環境影響評価審査会委員
環境教育
ふくしまエコ探検隊講師 福島市環境モニター講師
交通安全
福島県道路交通環境安全推進連絡会議・アドバイザー 福島県道路環境整備技術調査委員会委員
ボランティア
福島大学学生震災ボランティア



lecture

講義情報
サウンドスケープ (前期:火曜2限)
感性工学 (後期:木曜5限)
実習の素材ページ (学内限定)


Misc

Misc.
雑文書庫
My Favorite ...
金谷川サウンドスケープ
バリアフル宮城野原
Koji Nagahata's web page (英語版web page)


Links
学会関係
共同研究者

Address

連絡先

郵便: 〒960-1296
 福島市金谷川1 福島大学共生システム理工学類
E-mail: nagahata@sss.fukushima-u.ac.jp
居場所: 経済経営学類棟822 (8階)