第55回 X線分析討論会(福島)

〜X線分析を通して福島の復興を考える〜

2019年10月30日−31日

福島県福島市 コラッセふくしま


主催:日本分析化学会X線分析研究懇談会
共催:申請中
協賛:福島市、日本分析化学会東北支部ほか申請中


HOME 討論主題
依頼講演
プログラム 発表申込方法 要旨作成要領 発表要領 参加申込方法 展示・広告等申込み










発表要領(2019.7.4現在・随時更新予定)

●口頭発表者へのご案内    [ポスター発表者へのご案内]    

本会での口頭発表では会場にプロジェクターおよび接続ケーブル(RGB ケーブル)を用意しています。
下記の注意事項をご確認の上、トラブルがないようにご準備ください。

1.講演時間
 一般講演は1件あたり15〜20分を予定しています。

2.実行委員会で準備している機材
 1)液晶プロジェクター
 2)レーザーポインタ
 3)PCへの接続ケーブル(RGB ケーブル、映像出力端子ミニD-Sub15ピン端子)  

3.講演者(登壇者)が準備するもの

  • ノートPC(映像出力端子付き, MACや薄いPCなどの場合は変換端子もご準備ください)
  • スライド原稿のデータ(USBメモリーなど・万が一のトラブルに備えて)

4.パソコンの 動作確認と試写について
 セッションの合間に動作確認をお願いします。

なお、会場には、万が一の事態に備えて、予備のPC(Windows7, Microsoft PowerPoint 2007 の予定)を用意する予定です。この場合、基本パッケージ以外のフォントの表示の補償はいたしかねます。


●ポスター発表者へのご案内    [口頭発表者へのご案内]

1.ポスター掲示可能スペース(予定)
 掲示可能スペースは、縦A0の大きさの予定です。
 なお、ポスターボードの左上にはポスター番号を当方で掲示致しますので、
 該当するポスター番号のボードに掲示してください。
 掲示に使用する画鋲は、ポスターボードに備え付けます。

2.ポスター掲示時間:プログラム編成後にお知らせします。



問い合わせ先:
福島大学共生システム理工学類 大橋 弘範
〒960-1296  福島県福島市金谷川1番地
TEL:024-548-8175
E-mail:h-ohashi@sss.fukushima-u.ac.jp
(@を半角にしてください)

LINK


 


 

実行委員会:

実行委員長: 大橋 弘範 (福島大学共生システム理工学類)
実行副委員長: 篠田 弘造 (東北大学)
実行委員: 今宿 晋 (東北大学)
実行委員: 佐藤 成男 (茨城大学)
実行委員: 江場 宏美 (東京都市大)
実行委員: 沼子 千弥 (千葉大学)