共生システム理工学類について

 近年、個々の科学・技術の発展は目覚しいものがあります。しかし、その個々の科学・技術の発展も人文・社会科学を含めた多くの科学の発展に支えられています。このような21世紀の科学・技術の発展のあり方を考える時、大学の教育・研究システムも従来型で良いはずがありません。21世紀は、このような多くの科学・技術に支えられて発展してきた科学・技術を、システムサイエンスとしてより発展させることが求められています。このため本学群(類)では、これまでの学問体系を超えて理学—工学—人文社会科学を融合し、共生を科学する新しい教育・研究システムを創りました。
 特に、本学群(類)は、21世紀の人類的課題を見すえ、システム科学としてとらえることが不可欠な、人・支援を科学する人間支援システム専攻、省資源、循環型社会の創造を目ざして科学する産業システム工学専攻、水を中心とした自然資源の量的・質的確保を科学する環境システムマネジメント専攻の3専攻で構成されています。

お知らせ 後援会のお知らせ