本文へスキップ

福島大学 共生システム理工学類柴崎研究室

TEL.024-548-8437

〒960-1296 福島県福島市金谷川1番地

ようこそ 柴崎研究室ホームページへ

 
地下水は,人類にとって重要な水資源です.しかし,地下水は限りのある資源です.その貴重な地下水を持続的に有効利用するためには,地下水の容れ物である地下水盆の構造や帯水層の特徴を解明するとともに,シミュレーションモデルを使って地下水の動態を量的・質的に把握することが不可欠です.
 柴崎研究室では地下水の安全性を確保し,地下水障害を起こさないための持続的な地下水の利用方法と管理方法を,国内・海外各地の地下水盆ごとに探っています.


information更新履歴



NEWSお知らせ      



  • 2016年12月3〜4日に、福島大学で
    「第21回アジア地下水ヒ素汚染フォーラム」が開催されました



    バス巡検の最後に撮影した記念写真

    第21 回アジア地下水ヒ素汚染フォーラムを,
    メコン川流域地下水ヒ素汚染研究グループ(略称:メコングループ)が担当して,
    2016 年12 月3〜4 日に福島大学で開催されました.
    フォーラムについて詳しくは こちらをご覧ください.
    第21回アジア地下水ヒ素汚染フォーラムの第3回案内(サード・サーキュラー)へのリンク

    フォーラムには39名が事前登録にて、3名が当日受付にて,合計42名の方にご参加いただきました.
     また、フォーラム翌日の巡検にも24名の方にご参加いただきました.

    巡検での記念画像はこちらからダウンロードください

  • バングラデシュ砒素汚染問題への柴崎教授長年の取り組みについても書かれている,川原一之著「いのちの水をバングラデシュに ―砒素がくれた贈りもの―」が福島大学附属図書館より貸出が可能になりました.ぜひご覧下さい.

     

  • 柴崎教授にエチオピア連邦民主共和国水灌漑エネルギー省大臣より,「エチオピア連邦民主共和国 地下水開発・水供給訓練計画 フェーズ3」プロジェクトにおいて,エチオピア国およびアフリカ諸国の技術者への地下水モデル作成技術や地下水資源管理技術移転を目的とした現地指導や講演などを行ってきたことへの感謝状が授与されました2013.12.11

Shibasaki Lab柴崎研究室

〒960-1296
福島県福島市金谷川1番地
TEL 024-548-8437
FAX 024-548-8437


あなたは

アクセスカウンター 番目のお客さまです


お問い合わせ
E-mail:nshiba@sss.fukushima-u.ac.jp
(SPAM対策でアットマークが大文字になっています.半角にかえて送信ください.)