教員総覧 | 国立大学法人 福島大学 共生システム理工学類

教員紹介

渡邊 明(教授)
Akira Watanabe

ホームページ アイコン

所属専攻 環境システムマネジメント専攻
専門分野 地球物理学・気象学
最終学歴 東京都立大学大学院理学研究科
学位 理学博士(東京都立大学)
詳細 個人業績データベースシステムへ アイコン
こちら
顔写真

主な担当授業科目

地球環境論
地球環境をシステムとしてとらえ,その基礎的構成とシステム間の物質・エネルギー輸送の考え方を基礎とし,現在の地球温暖化問題,酸性雨問題,オゾン層破壊問題などの実態と原因を明らかにし,解決の方策を考える。
大気環境科学概論
大気科学の基礎を学習することを目的としている。今日の気候変動,自然災害,地球環境問題など,大気科学が抱えている課題は大きい。これらの課題を視野に置きながら大気科学の基礎や原理,大気現象の実態を中心に学習する。
大気環境科学
大気科学の具体的な事象について学習することを目的とする。特に,降水システムとしての大気現象の理解を深めること,および災害防除や自然システムの理解を具体的に深めることを目的とする。
地球環境科学実験
地圏・気圏に関する自然の構成要素とシステムの基礎について,具体的な各種実験から理解することを主な目的とする。授業で扱う対象は,地域地表地質、盆地または平野の地下地質,地質構成物質や人為による粒子状物質,大気運動の観測,解析,物質拡散に関する事象である。

主な研究

気象学
降水,降雪システムや大気の局地循環,局地循環による汚染質の輸送・拡散,豪雨,豪雪,強風などの気象災害発生機構などをレーダーなどを用いた気象観測と数値モデルを用いた実験などを通して研究しています。
研究写真

研究室紹介

気象学,自然災害科学に関する研究

高校生のみなさんへ

地球温暖化問題など地球環境問題は,これから地球を背負う皆さんの大きな課題です。これらの課題解決のためには,確かな基礎力と広い視野が必要です。私たちと一緒に自分の世界を広げませんか?

最近の著作など

1. Watanabe, A, On the formation of longitudinal cloud mode in the winter monsoon over Japan, The 14th International Conference on Clouds and Precipitation, 1855-1858, 2004.
2. Watanabe, A, A change of mean physical quantity in the monsoon and pre-monsoon,The 6th International Study Conference on GEWEX in Asia and GAME, O2-05,1-3, 2004.

教員総覧目次へ戻る